やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

就職・転職したい会社のビジネスモデルのパターンをご存じですか?〜2〜

キャリアコンサルタントから
就職・転職を考えているあなたへ
就職・転職のヒント17

『就職・転職したい会社のビジネスモデルのパターンをご存じですか?』

2.ロングテールビジネスモデル

価値提案は、高収益の顧客だけを対象としています。

ただし収益が小さなセグメントに、特定の価値提案を行うためコスト高になることが課題となります。

その解決策としては、収益の小さなニッチな顧客セグメントに対して、価値提案を行いますが、その収益を全て足すと大きな利益につながることがポイントです。


その代表的な企業があの Amazon です。

ITとオペレーション管理の向上により、多くの新しい顧客に対して、低コストでカストマイズされた価値提案をできるようになったのです。

本屋さんに行かなくても、お店にいかなくても膨大な数の中から、好きな商品を一瞬に探し、買う便利な時代になったのですからね。

私も欲しい本は、Amazonで買うことが当たり前になってしまいました(笑


デンマークの玩具メーカーである、レゴもロングテールビジネスモデルの代表例です。

レゴはレゴブロックを約70年前から製造してきました。

しかし玩具産業の競争が激化する中で、成長する新しい市場を開拓する必要に迫られました。

スターウオーズやバッドマン、インディ・ジョーンズなど映画に登場するキャラクターのライセンスを獲得して、収益を上げていきました。

そのご顧客が自分自身のレゴキットを組み合わせてオンラインで注文できるようになったのです。

さらに何千もの部品と12色の色を選び、顧客は自分自身の自動車、キャラクター、家等をデザインできるレゴファクトリーを導入しました。

レゴにデザインすることで、ニッチな顧客の心をつかんでいきました。

ニッチな顧客を能動的な参加者へ繋げていく仕組み作りに成功したのです。


ここまで読まれた方で、「こんな世界企業なんて参考にならないよ!」と思われた方も多いいと思います。

山梨県の中小企業ははたして関係ないのでしょうか?

答えはNOだと私は思います。

Amazonの例を、山梨の企業へ当てはめてみてはいかがでしょうか?

山梨県の中央市に山梨県流通センターという流通系の企業が集積した場所があります。

例えばそこの流通系企業への就職。

転職を希望する方は、ぜひその会社のITの状況やオペレーション管理の状況について 人事担当者に質問をしてみるのです。

「よろしければ御社のITの活用方法や商品の管理方法を教えていただけますか?」 


転職・就職支援サービスのお申込みはこちらをクリック


| 2017年10月24日 18:06:01 | 転職 |


就職・転職したい会社のビジネスモデルのパターンをご存じですか?〜1〜

キャリアコンサルタントから
就職・転職を考えているあなたへ

就職・転職のヒント16

『就職・転職したい会社のビジネスモデルのパターンをご存じですか?』

ビジネスモデルは大きく5つに分類できます。

1.アンバンドル・ビジネスモデル

インフラ管理、製品イノベーション、カスタマーリレーションシップを企業内に統合しているビジネスモデルです。

インフラ管理とは、大量のルーチン作業をこなすプラットフォームの構築と維持を行うことになります。

高い固定費により単価を下げるのに大きなボリュームが欠かせません。

少数の大手企業が支配します。

毎日テレビで映される携帯会社のCMが一番わかりやすいかもしれませんね。

有名女優や有名俳優を使い毎日流している費用を考えると、携帯代もっと安くなるのではないかと考えるのは私だけでしょうか(笑

次に製品イノベーションとは、初期の市場参入によってプレミアム価格と大きな市場シェアを獲得できます。

スピードが命です。

スティーブジョブス氏が活躍していた創業時のアップル社を想像しますよね。

今は中国系企業との競争にアップルも巻き込まれ、iPhone Xが開発されたことは有名です。

最後のカスタマーリレーションシップとは顧客の探索と獲得、関係作りを行います。

そのため顧客獲得のコストが高くなる特徴があります。

貴方の携帯電話へ携帯会社からキャンペーンの連絡がよくありませんか?

一時期 過度のキャッシュバックキャーンペーンや家族割りもこのカスタマーリレーションシップになるかもしれません。

つまりアンバンドル・ビジネスモデルの課題としては、コストが割高になり、企業内での企業文化の衝突が起こり望ましくないトレードオフ(一方を追求すれば、他方を犠牲にせざるを得ない関係)が発生することです。

そのトレードオフを発生させないためにも、3つが、異なるお互いに補完的なモデルになるように、ビジネスをアンバンドル(バラバラにする)して別会社にすることが理想でしょう。

今後はITやマネージメントツールそしてAIの向上により、異なるビジネスモデルを低コストで分離、連動させることがより進み、トレードオフを取り除くことができるのです。

具体的な代表例としては、 プライベートバンクや携帯電話が上げられます。


自分が働きたい会社のビジネスモデルはどのパターンなの研究しましょう!


転職・就職支援サービスのお申込みはこちらをクリック



| 2017年10月18日 18:12:13 | 転職 |


1 |