やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ

家事はやっぱり女性の仕事?

新年あけましておめでとうございます
やまなし転職・就職ナビでは、より充実した情報の提供を目指してまいりますので、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます

さて、お読みいただいている方の中には、家庭をお持ちの女性の方もいらっしゃると思います。
「年末年始、お疲れ様でした」と心より労いの言葉を送りたいと思います。

とくに現在お仕事をしている方は、年末は大掃除や正月準備、年始は家族サービスや親戚への挨拶・接待などをこなし、休みが休みにならない、仕事より疲れる、なんて疲弊している方も多いのではないでしょうか。

1月8日付の山梨日日新聞の記事で『共働き「家事は妻」6割超』を目にしました。

記事によると、夫婦ともフルタイムで働いていても妻が主に家事をしている家庭は66%だそう。

こんな記事を目にすると、今年は再就職をしよう!と新年に決意をした方も、本当に家庭と両立してやっていけるかな、なんて不安になってしまいますよね。

ところで、この記事では、『共働き家庭の家事の在り方については「妻・夫で平等にすべきだ」(42.8%)と「妻・夫に限らず、仕事が忙しくないほうが積極的に担うべきだ」(40.4%)が多数を占めた』とも。
回答の男女比はわかりませんが、夫側も妻ばかりに負担させるものでもないと思っている方が多いようです。

また、調査では、夫と妻の就業時間を比べ「夫のほうが長い」が60.5%という結果も報告しています。

つまり、夫も家事を手伝ったほうがいいとは思っているが、残業があったり、妻より先に家を出たりで必然的に家事が妻にまわってしまっているとも読み取れます。

記事では調査会社の担当者の「男性の長時間労働が減れば分担は進むのではないか」というコメントを紹介しています。

それもそうかもしれませんが、私はほかにも原因があるような気がします。

それは、妻が家事を譲らない、ということです。
何の調査もない勝手な推測ですが。

年末にピカピカに家を磨きあげ、美味しいお節料理を用意し、お正月の親戚の集まりにそつなく応対した奥様。
普段から完璧な家事をしようとしていませんか?
そして夫にはその「完璧な家事」はできないので、結局自分がしてしまっている、なんてことはないですか?

1月7日付の同紙では『「家事のしすぎ」が日本を滅ぼす』(光文社新書・佐光紀子著)を紹介していました。

『政府の方針で「ちゃんとした家事」という価値基準を人々に刷り込んできた歴史が日本にはある』、『基本的に女性は家事・育児・介護を担い、優秀な労働力を生むべきだとする政府の発想があり、今も変わらない』が『現状に見合ったやり方を探り、こなせる範囲で分担するのが、これからの家事のあり方ではないか』といった内容だそうです。

私たち働く女性の多くが、「日本のあるべき妻・あるべき母の姿」を背負って、そしてその姿から逸脱しないように仕事をしています。
なぜならそれを疎かにすると、働くことを否定されることにもつながるから。

しかし、女性が働くことが社会的に求められている今、そんなことを恐れる必要などないのです。
女性のほうで、まず家事の取り組み方を見直していいのではないでしょうか。

さて、私事で恐縮ですが、私も最初は家事の手抜きができませんでした。
夫は家事・育児を関わってくれるほうですが、それでも土日ともなると、朝から日が落ちるまで掃除洗濯をしながら二人の息子を公園などに連れて歩き、その頃は座って過ごした覚えがありません。

その後、会社を辞め数か月専業主婦を経験しました。
毎日家事ができるようになった途端、ズボラな性格が頭角を現し、「家事は明日もできる」ことに味をしめるようになりました。
それからは、再就職をした後も「完璧」などは求めなくなり、むしろ手抜きまっしぐら。
夕飯は焼いた生協の味付け肉とカット野菜サラダが定番メニュー。

料理はテキトーだけど仕事とはどういうものかを伝えられる母親だよ、と心で言い訳をしながら、息子たちが高校生になると、弁当箱と洗濯物は自分で洗うというルールも追加しました。

そんなかんじで約20年、子育てと仕事を両立してきて、今年ついに上の息子が成人式を迎えました。

二十歳といえども息子はまだまだ未熟で、手抜き子育てでもオーケー、大丈夫!とは、とてもとても言えません。
それでも式後「いままでありがとうございました」という言葉をもらえたときには、照れくさくもあり勿体なくもあり。

家事にはその人の生き方も反映されると思います。
だから必ずしも手抜きばかりを推奨するわけではありません。

私も手抜き手抜きとはいえ、毎日弁当は作る、とか、お正月はそれなりに準備する、とか、自分の価値観のなかで譲れないところは譲らずに手を抜いています。

大事なのは、自分が納得し、心地よい状態でいるか、だと思います。

何か最近うまくいかないとか、疲れ切ってしまっている、そんなことから転職を考えている女性の方、自分の許容範囲や価値観を越えて、無理をしているかもしれません。
仕事だけでなく、家事や子育てなど、生活も見直してみてはいかがでしょうか。


今年も皆さまにとって良い年となりますように。




転職・就職支援サービスのお申込みはこちらをクリック


| 2018年01月09日 17:25:00 | 女性 |


育児休業法改正施行で、働く母への応援歌

10月1日より育児休業改正法が施行されます。

改正点のひとつが、育児休業期間の2歳までの延長です。

今までは、原則子どもが1歳まで(※)、延長は1歳6か月まででしたが、施行後は2歳まで延長可能となります。

従来の1歳6か月までの延長だと、例えば子どもが5月生まれで、5月に職場復帰の際に保育園が決まってなかったとして6か月延長したところで11月まで。

結局11月から次の入園時期の4月までは保育所も決まらないまま職場復帰の日が来てしまうという問題がありました。

2歳までの延長であれば、4月の入園時期まで休業できるということです。

育児休業については、以前「一律に3年にしよう」といった発言が出たりして、その安易な考えに呆れかえりました。

今回の改正でも、保育園の空きが出ない限りは2年延ばそうが3年延ばそうが問題は解決されません。

また、長く休んだ分だけ仕事に戻りにくい(本人のスキル低下やモチベーション低下、職場の理解不足・ハラスメントなど)という問題も潜んでいます。

改正については否定しませんが、この法改正だけやればOKと思われては困ります。

保育所問題や、育児をする人への職場理解、復職のためのキャリア形成支援など、引き続ききちんと問題課題に取り組んでもらいたいと思います。

子どもを預けながら働いている人の多くは、時間的な制約や労力的な大きな負担を抱えながら、子どもへの溢れんばかりの愛情・感情の表出を抑えて、日々仕事をしているのはないでしょうか。

だから、やはり私たちのできることとして、育児をしている人への職場の理解、とくに働く母親の精神的支援は進めていきたいと思っています。

職場だけではありません。
家族・親戚や地域の人が「そんな小さいときからよそに預けて仕事をして、子どもが可哀そう」などと軽はずみに言ってはならないことだと思います。

ところで、育児休業は原則子どもが1歳までと先ほど書きました(※)が、正確には1歳になる日の前日までなんですよね。

つまり、その子の誕生日が仕事復帰初日になるわけです。

わたしが20年ほど前、育児休業を取り復職するときに、この法律を作成した人はセンスないなあと思いました。

1歳の誕生日は我が子にとって初めての誕生日です。
親としても一年よく育ってくれた、自分もよく頑張ったと本当に感慨深い日なのです。

そんな記念すべき日に久々の出勤。

バタバタと支度をし、職場復帰の緊張感と、我が子を預ける日々がいよいよ始まる寂しさと心配や不安、そんなぐちゃぐちゃな感情が入り混じっていたと思います。

育休を「1歳と7日目を迎えるまで」とする粋な計らいはできないものかね、せめて1歳の誕生日をゆったりとした気持ちでお祝いさせてくれ、と。

…欲を言えばキリがないと言われてしまうかもしれませんね。

20年前にきっちり育児休業を取れる会社だったというのは恵まれているのでしょう。

「誕生日」というものにどれくらい重きを置くかも人ぞれぞれの価値観なので、これはあくまでも個人的な感想です。

でも、そこが大事なんだと思います。

人それぞれに価値観があって、子育てで何を大事にするか、仕事で何を大事にするか、皆違う。
できる限り長く育休を取りたい人もいれば、早く仕事に復帰したい人もいる。

これからのダイバーシティ(多様性)の時代に働きやすい環境を整えていくなら、フレキシブルさ(柔軟性)は大事だと思うのです。

育児休業給付金制度(つまりお金)も絡むので、柔軟性は不公平さに繋がっていく恐れがあるのもわかりますが、だからといって「じゃあ、みんな3年で」などと十把一絡げみたいに言って欲しくはないのです。

そして、働くお母さんたちは(その予備軍の女性たちも)、自由・権利・主張を振りかざすのではなく、理解してもらえる努力をする、

つまり、正しく働くことが大事ですよ。

「笑顔で出社する、報連相をしっかりする、一人で仕事を抱えこまない、
正確&迅速&丁寧を追求する、納期を意識して早めに取り組む、
頼まれごとは快く引き受ける、常に状況をみて気を利かす」

どれも基本的なことですが、お互いの立場を尊重しあえる職場風土を自ら創りあげていくのです。

そして、「謙虚なきもちで、意地を張らず、頼れる人には頼ろう!」

転職・就職支援サービスのお申込みはこちらをクリック


| 2017年09月27日 16:17:03 | 女性 |


新任キャリアコンサルタントとして仲間入りしました!

4月よりアルビスの女性キャリアコンサルタントとして加わりました。

社会の大きな流れの中で、女性の力がどんどん求められています。
活躍できる場がひろがっています。

女性が働くということが当たり前になっている今こそ、

「ワタシは何のために、何を大事に働くのか」を見つめることが大切です。

これまでを振り返り、これからの目標を立て、
それぞれの価値観で幸せなキャリアが築けるよう、応援してまいります。

ブログでは、主に女性のこれからの働き方を皆さんと一緒に考えていきたいと思います。

どうぞ、よろしくお願いいたします。


| 2017年04月14日 15:04:43 | 女性 |


1 |