やまなし転職・就職ナビ|山梨で転職・就職を探すならアルビスにおまかせ
転職成功ナビ「履歴書の書き方/職務経歴書の書き方/円満退社のススメ/会社・行政の手続き」
 
履歴書の書き方   職務経歴書の書き方   円満退社のススメ   会社・行政の手続き
 
履歴書の書き方
履歴書は、職務経歴書と同じく企業との最初の接点となる書類です。
あなたの今までの経験とスキルをアピールする書類が職務経歴書で、あなた本人の基本情報を記載する書類が履歴書となります。企業に対し提出する書類ですので細かなところまで気を配り正確に記入するよう心がけてください。
企業の人事担当者へあなたの誠実さをしっかり伝えなければなりません。
 
履歴書の書き方|履歴書の基本

様々な履歴書のフォーマットが市販されていますので、あなた自信のプロフィールをアピールするにあたって、
どのフォーマットが書きやすいか探してみましょう。

履歴書の記入は、鉛筆やシャープペンなどは使用しないでください。
  必ず黒色のペンかボールペンを使用してください。
記入を間違えても修正ペンなどは使用せず、面倒ですが最初から書き直しましょう。
読みやすく、丁寧な文字での記入を心がけましょう。
  文字に自信がない人でも、時間をかけてでも一生懸命書きましょう。
基本的に空欄を作らないようにしましょう。
  資格や賞罰など特に書くことが無い場合でも、「なし」または、「特になし」と記入した方がいいでしょう。
封筒に入れる前に必ず再確認しましょう。誤字脱字やうっかりミスをなくしましょう
提出または送る前に、念のため履歴書のコピーをとっておきましょう
  面接であなたの履歴の件で質問されたときのために、自分で書いた内容を手元に残しておくと安心です。
日付が残っていますので、企業から返却を受けた履歴書は使い回しなどしないよう心がけましょう。

企業によっては、独自のフォーマットを持っているところもあり、
エクセルなどを利用しPCメールにて企業に提出するケースも増えていますので、応募する企業の指示にしたがいましょう。

 
履歴書の書き方|履歴書記入の注意点

西暦・和暦どちらの記入でも問題はありませんが、学歴等記入の際は和暦を用いることが多いので、
  統一感をだすために出来る限り和暦を使用することをお勧めします。
3か月以内に撮影をした写真を所定の位置に貼りますが、写真撮影時には髪型をしっかり整え、
  出来る限りスーツ着用で撮影するといいでしょう。歯を見せない程度の笑顔にするとより好感度があがると思います。
履歴書は正式書類なので、住所は省略せず都道府県・番地・アパート名など正しく記入しましょう。
電話番号記入欄には、もっとも連絡が取れやすい番号を記入しましょう。携帯電話番号でもかまいません。
メールアドレスは、現在勤務している会社のメールアドレスは避けましょう
  何かしらの誤解や信用問題に発展しかねませんので、普段使用している個人所有のメールアドレスを記入しましょう。
  無い場合は、フリーメールなどを取得することをお勧めいたします。
学歴や経歴欄は、1行目に「学歴」と中央に記入し、次の行から実際に記入してください。
  「職歴」についても同様です。最後に「以上」と締めくくるといいでしょう。
  義務教育の小学校・中学校は卒業年度を記入し、高等学校以降は入学・卒業年度を記入するのが一般的です。
  学部等も省略せず記入しましょう。
短期間しか勤務していない場合の職歴も全て正確に記入しましょう。(株)なども省略せず「株式会社」と記入しましょう。
  所属部署や場合によっては仕事内容を加えてもいいでしょう。
無職など、ブランク期間がある場合は記入しなくても問題ありません。
  転職に有利な場合と判断できるアルバイト経験については、職務経歴書などで記入してもいいでしょう。
派遣などでの雇用形態の場合、「○○派遣会社から□□株式会社に派遣」のように、
  派遣元と派遣先をそれぞれ記入するといいでしょう。
普通自動車免許など、一般的な資格の他、アピールできる資格がある場合は全て記入しましょう。
本人希望欄には、自己PR欄と考えて職種内容も踏まえて記入した方がいいでしょう。
  待遇や勤務地などの希望を記入しても、いい印象を与えない場合がありますので注意しましょう。



 
上記以外でも、お気軽にご質問ください。私たちアルビスが分かりやすく丁寧に教えます。
 お問い合わせフォーム|転職・就職に関するご質問・ご相談はコチラ
 
このページのTOPへ▲